モットンの匂いが臭いとのクレームが殺到?モットンのニオイ問題について

「モットンのニオイが臭いって口コミで見たけど大丈夫?」と思っていませんか。

いくら腰痛に効くマットレスと言われても匂いが臭ければ嫌ですよね。

そこで当記事では、モットンマットレスについて、匂いが臭いのか、またマットレス素材は体に害がないのか検証していきます。

モットンの購入に迷っている方は、まずは当記事を一読してから再度検討してみて下さい。

モットンは臭い?匂いに関するネット上の声

そもそもモットンは臭いのでしょうか。
実際にモットンを購入した人の声を見ていきます。

モットンの匂いが臭いと感じた人の声

この方達は、「噂通りダンボール内部は臭い」「ウレタン特有の匂いがキツい」とモットンの本体や外箱の匂いに関して臭いと指摘しています。

ネット上の噂通り、やはり臭いと感じる人がいるようですね。

本体に匂いが付着している場合はマットレスの素材となる「ウレタン」の匂い、また外箱に付着している場合は工場で生産後、倉庫で保存されていた際に付着したと考えられます。

そこまで気にならなかった人の声

一方で、「レビューを見るとそんな臭いのか?気にならないぞ!?」「評判見てると「臭い臭い」って皆が言うから心配してたけど全然問題なかったわ」と匂いが気にならなかったという声も。

匂いは、実際に届いてからでないと分かりませんが、臭い臭くないは人それぞれのようです。

モットンの臭い匂いの原因は?体に害はある?

それではモットンマットレス本体の匂いの原因は何でしょうか。
モットンの素材について詳しくみていきます。

ニオイの原因は「ウレタン素材」

前述したように、モットンの中の素材は「ウレタンフォーム」でできており、新品のマットレスは特に、このウレタンの匂いが付着する場合があります。

そのため、モットン本体の匂いの原因は大半がこの「ウレタン臭」と言えるでしょう。
いわゆる新品の寝具によくある匂いですね。

また、ウレタン臭でない場合は、モットンのカバーが原因である可能性もあるでしょう。
外側のカバーは「ポリエステル100%」でできており、もしカバーに臭いが付着している場合は洗濯に入れて洗うことが可能です。

モットンは厳密な検査に合格した安全素材(ホルムアルデヒド5μg以下)

ではモットンが使用しているマットレス素材は安全なのでしょうか。

そもそもモットンはISO認証取得の日本の工場で製造されています。
ISOとは、すなわち国際標準化機構というもので、この認証を受けることで世界基準で高品質な製品と認められることになります。

また、家庭用品はホルムアルデヒド(ホルマリン含有濃度)という物質が16μg/g以下でないと、販売できないことになっているのですが、モットンマットレスは5μg/g以下の数値で、子供や赤ちゃんでも安心な寝具と認定されています。

少し難しい話になってしまいましたが、このようにモットンの素材は非常に徹底されており、安全な素材を使っているので安心です。

モットンの素材については公式サイトにも詳しく説明されているので、詳細は以下の公式サイトからチェックしてみて下さい。

モットンの匂いが臭い場合の対策&予防方法

もし購入後、モットンの匂いが気になる場合は以下のような方法で対策することをおすすめします。

モットンの匂いが気になる際の対策法
  • 付属品のカバーを洗濯する
  • 風当たりの良い場所で陰干しする
  • シーツを新たに被せる
  • 無臭スプレーなどで対策をする

ウレタン臭はそこまでキツイ匂いではないので、上記の方法でほとんど問題ないでしょう。

また、利用し始める2,3日は匂いが気になっても、使っていくうちに段々消えていきます。
そのためそこまで心配する必要はないでしょう。

もしモットンの匂いが臭いなら「全額返金&返品」を使おう

万が一それでもモットンの匂いが臭い場合は、「90日間全額返金&返品保証制度」の利用が最適です。

これは、モットンを購入後満足できなかった場合に全額返金してくれる制度です。

また、まだ購入していない方でもこの制度があるので、安心して購入することができますね!

「腰痛マットレスとしてモットンを購入したいけど匂いが心配」という人は、この制度を念頭に置きながらまずは一度お試し利用してみることをおすすめします。

なお、この保証制度は公式サイトからの購入のみ対象となっており、Amazonや楽天経由でモットンを購入すると対象外となってしまうので注意して下さい。